印鑑作成の依頼から到着時間はどれぐらい

MENU

印鑑作成の依頼から到着時間はどれぐらい

印鑑作成の依頼から到着時間はどれぐらい

インターネットの発達で中間業者を通さずに印鑑が作れることが多くなりました。中間業者の手数料は印鑑の材料や送料に回されて購入者が安く印鑑を作れることになります。

 

今まで専門店に注文して手元に到着するまで2週間程度は必要でしたが、インターネットの店舗では印鑑作成の注文から発送が出来る時間まで材料によっては即日で完了します。

 

なので最短で注文の翌日には納品が届く事が多いです。多くのサイトが即日に発送とありますが、材料によっては機械の熱で欠けやすくなるのを防ぐために、少し彫って冷却させてまた作業を行う場合もあるので検品係まで当日中に行かない場合も多いですから、事前にメールなどで発送までの日数を聞いた方が良い場合もあります。

 

即日に発送まで出来る材料でしたら実印、銀行印、認印のセットでもほぼ当日に発送が出来る場合が多いです。サイトによっては企業用の実印なども扱っていますので必要に応じて企業や会社で使用する日付印やシャチハタも取り扱ってますので、使用目的にあったサイトを利用されることをお勧めします。

 

送料や手数料ですが事前払いなら代引きの手数料は不要になります。送料に関しては1本から無料のサイトと3千円や5千円を超えないと525円前後の支払いが発生する場合があります。支払いもクレジットカードに対応しているサイトからコンビニで支払い書を発行して入金する方法もあります。これ以外にもサイト独自の支払い方法がありますので注文の際に支払い方法を確認されると良いです。

 

サイトによっては印鑑作成を依頼するとパソコンで登録した印影を返信して貰えるので、それを見て納得されたら製造に入ります。印影に変化を加えて欲しい場合は、その部分をどう直して欲しいか注文ができます。

 

次に訂正した印影が送られてくるので、それで納得なら注文が完了します。3本セットなら実印、銀行印、認印でそれぞれ別に変化させることも出来ますし、3本とも書体を変えることも大丈夫です。サイト側もなるべく早く返信される努力はされてますが時間帯によって返信が遅れる場合があります。

 

その分だけ発送も1日単位で遅れますので注意が必要になります。先ほども申したようにサイトによっては個人用の印鑑のほかに法人や会社の部署単位での印鑑も準備できますし、郵便ポストに表札や名刺なども系列会社で製造している場合もありますので、まとめて購入した場合は準備にも日にちが必要なので到着まで日数がかかります。

 

実印はしっかり作るべき

 

実印が学校の卒業式で頂いた印鑑の物を使用されている方が多いですが、実印が既製品の場合は何かあった場合に思わぬ被害を受けることがあります。
実印が既製品で出回っている確率が高い場合は早急に違う印鑑に変える必要があります。注文から即日で自分だけの印鑑を作れるので、自分だけの実印に変更されることをお勧めします。

 

今まで登録していた実印は役場で事情を話せば廃止することが可能です。銀行印も同様です。印鑑は男性と女性で大きさが異なりますので、実印や銀行印もその大きさの物を用意した方が良いです。また原則は実印と銀行印は同じ書体を使用しますが、認印は小さいことからバランスをとって書体が異なります。

 

ですが書体は何種類とあるので自分のお気に入りの書体で印鑑作成を依頼しても大丈夫です。基本的にどの書体でもパソコンでバランスよく配置出来るので心配はありませんが、書体によっては印影がはっきり出てるのでその部分を強調させるのも方法になります。書体によって製造時間が著しく遅くなることはありません。

 

会社を起業した場合は最初から自分の実印が必要となります。これを機に買い直すのも方法です。社員用の印鑑を作る事も必要になりますし、会社の備品とシャチハタや日付印、社員用のゴム印なども必要になります。

 

名刺など用意できるサイトもありますし、年末なら自社の広告を印刷したカレンダーを製造できるサイトもあります。1つのサイトで必要なものが揃うことも出来るので、使い勝手が良いサイトを見つける事が大切になります。

 

価格は印鑑に関しては1本単位の価格になりますが、名刺やカレンダーの印刷する商品は刷る部数で価格が変わってきます。インターネットで印鑑セットや法人用の印鑑を予約すると価格が半額になるセールを行っているサイトが多いです。

 

半額になる商品は個人の印鑑の場合は送料無料の金額を切る場合もあるので、そういう場合はスタンプ台など消耗品など購入すれば送料無料の金額まで届く場合があります。場合によってはセール品に送料を加えた方が安い場合がありますので、送料無料にこだわらずにカタログと検討される事をお勧めします。

 

どのサイトも似た感じがしますが、よくカタログを見ると彫り方にこだわるサイトもありますし、材料が豊富だったりして選択肢が多いサイトもあります。自分にあったサイトを見つければ注文から自宅に届くまで最短で行える事がおおいです。

 


関連ページ

ネットで印鑑作成すれば安い
重要な契約に使われないような印鑑なら100円ショップだってかまわないけど、本当に重要な印鑑として作る本格的はものは意外に値段が張るものもあります。そんな印鑑を作る際にはおすすめなのがネットを利用した印鑑作成、そのおすすめポイントについて解説しています。
ネットで印鑑作成した時の送料
インターネットでの商品購入の際に、意外と高く感じやすいのが送料ですよね!小さくてかさばらない印鑑だけに、送料って馬鹿らしいっておもてしまいがちです。ここでは、インターネットで印鑑を注文したとき、送料の扱いはどうなるのかを解説しています。
用途に合わせたおすすめの印鑑作成
印鑑もその使う場面によって、違うものを使われる場合が多いです。ここでは、様々な用途によって使い分ける印鑑作成のポイントについて解説しています。
印鑑作成を依頼して即日に発送して頂く
印鑑はふとしたとき、突然必要になる場合もあるので、依頼したら出来るだけ早く完成させてほしいものですよね。ここでは、依頼してその日に印鑑が届くサービスについて解説しています。
ネットで簡単にできる印鑑作成
最近のサービスはインターネットの活用で凄まじく便利にものが沢山ありますが、印鑑はどうでしょう?ここでは、ネットで簡単にできる印鑑作成サービスの現状について解説しています。
格安に印鑑作成を依頼する
大事な契約に使うような印鑑は、少し使ったくらいで陰影が変わっては困ります。しっかり形がキープできる本格的な印鑑を格安で注文するにはどんなサービスを利用すればいいのかわかりやすく解説しています。
印鑑作成は返品不可が基本
印鑑は作ってしまったら、もうその原材料は他には使えなくなるものです。それだけに、印鑑を一旦作成して届いてしまったら返品することは出来ないのかを解説しています。