印鑑作成を依頼して即日に発送して頂く

MENU

印鑑作成を依頼して即日に発送して頂く

印鑑作成を依頼して即日に発送して頂く

最近はインターネットの発達で中間業者を通さずに商品を購入することが可能です。中間業者を通さない分だけ材料費などに還元されるので、安くても材料がしっかりした商品を購入することが可能です。

 

印鑑の作成を依頼する場合も同様で、安いのに高級感がある商品を購入することが可能です。発送は即日して貰える店舗が多いので、注文から納期までは2日から3日になります。最近はパソコンが印影バランスを調整してくれるので材料と書体を指定すれば、すぐに製造することが可能です。

 

お店によっては事前に完成した場合の印影をメールで送ってもらえるので、ご自身で微調整を依頼することが出来ます。それをパソコンに読ませて製図するだけですから時間ロスはそんなにありません。あとはパソコンから製図を彫る機器に読ませて印鑑を彫るだけになります。

 

1本の製造に数分しか必要ないですし、検品作業も製図に沿って作られているか印鑑に欠損ないか調べるのも、すぐに行われるのでその日の内に発送が可能になっています。印鑑作成の際に注文を受け付ける部門と製造する部門、検品部門と発送部門はわかれています。

 

製造部門から発送部門までは必ず1回の検品作業があるので不良品が発送されてくることは稀です。印鑑会社で印影の欠けた物を売ったとなると会社自体が疑われることになります。ただ安くて流れ作業だけで検品もせずお客に商品を送る会社もあるので、サイトの口コミはよく見ておく必要はあります。

 

実際には扱ってない材料を表示して、注文時に在庫切れなどを理由に高い印鑑を購入させるサイトもあります。もちろん発送も記載してある様にしていない場合もあります。1つの目安として問い合わせから返信までの時間も参考になります。こういうサイトに引っかからない為に口コミで悪評が多いお店は最初から避けておくと便利です。

 

多くのサイトでは表示どおりに製造して貰えますし、在庫切れがない様に管理されているので安心して利用できます。

 

印鑑作成依頼をするときの手順

 

印鑑作成を依頼するときはサイト内にある材料から購入したいものを依頼します。材料によって高い物もありますが高級感のある物も何点か用意されています。どのお店も実印、銀行員、認印の3点セットが売れ筋になっており安く販売されています。

 

1つの印鑑を実印から銀行印など複数に使っている方は実印と銀行員の2点セットにするか、認印を入れた3点セットの購入をお勧めします。1つの印鑑を使いまわすと紛失時に銀行のキャッシュカードの停止に時間が必要になることがあります。

 

学校の卒業式でもらった印鑑は印鑑登録が出来ない訳ではありませんが、誰でも作れる印影のため悪用されやすいので印鑑登録には不向きになります。現在の印鑑登録してある印影は正当な理由であれば廃止して、新しい印影の登録が可能です。

 

車をお持ちの方には印鑑登録証は必要になるので、誰も持っていない印影であれば下取り業者などに逆に目立つので、書類が紛失されることが結果として少なくなります。ほとんどの販売業者が即日発送をうたってますが材料によっては一気に彫ることが出来ないので時間が必要となります。

 

その際は説明がありますし、サイト内にも注釈してある場合がありますので最初に見ておくと便利になります。これ以外にも苗字や字体によって欠ける事故を防ぐため少しずつしか作業ができない事もあります。

 

この場合もお店からメールをして貰える場合が多いです。その分だけ発送日は遅れますが印鑑作成に慣れたお店なら依頼時に材料から逆算可能なので、一言添えて頂ける場合が多いです。必ずも即日の発送にはならないので注文時は余裕をもった方が良いです。

 

印鑑の発送料金ですが1本から送料無料のお店もありますが、5000円の購入で送料無料となるお店が多いです。印鑑は小さいので送料は540円程度になります。無理に送料無料に持ち込む必要がない方は送料を負担されても大丈夫です。

 

また支払い方法もクレジット払いから代引き、コンビニ支払いと選択が可能です。代引き手数料の324円は先払いすれば回避が出来ますので代引き以外の方法を選択してください。支払いが1回のみなのでデビットカードで支払う方法もあります。

 

印鑑は身近な存在ですが必要のない場合は見落としやすい物になります。ほとんどの場合は印鑑がないと手続きが出来ませんのでオリジナルの1本を作っておく事も必要になります。印鑑は自分の分身にもなります。他人と違う物を持っていないと区別が付かないので安いと思われたら作っておいた方が良いです。

 

自分しか持っていない1点物なので普段からの取り扱いにも注意が必要になりますが、丁寧に使っていれば長持ちしますので、今後に印鑑を買うことは無くなります。印鑑の一部には男性用サイズと、女性用サイズがあるので購入時には注意が必要になります。注文時に性別が聞かれると思いますので誤記載されないように気を付けてください。

 


関連ページ

印鑑作成の依頼から到着時間はどれぐらい
実際に印鑑作成を依頼して、そのサービスの便利さを味わってみよう!ここでは、印鑑作成の依頼から到着時間までのタイムラグはどれくらいあるのかを解説しています。
ネットで印鑑作成すれば安い
重要な契約に使われないような印鑑なら100円ショップだってかまわないけど、本当に重要な印鑑として作る本格的はものは意外に値段が張るものもあります。そんな印鑑を作る際にはおすすめなのがネットを利用した印鑑作成、そのおすすめポイントについて解説しています。
ネットで印鑑作成した時の送料
インターネットでの商品購入の際に、意外と高く感じやすいのが送料ですよね!小さくてかさばらない印鑑だけに、送料って馬鹿らしいっておもてしまいがちです。ここでは、インターネットで印鑑を注文したとき、送料の扱いはどうなるのかを解説しています。
用途に合わせたおすすめの印鑑作成
印鑑もその使う場面によって、違うものを使われる場合が多いです。ここでは、様々な用途によって使い分ける印鑑作成のポイントについて解説しています。
ネットで簡単にできる印鑑作成
最近のサービスはインターネットの活用で凄まじく便利にものが沢山ありますが、印鑑はどうでしょう?ここでは、ネットで簡単にできる印鑑作成サービスの現状について解説しています。
格安に印鑑作成を依頼する
大事な契約に使うような印鑑は、少し使ったくらいで陰影が変わっては困ります。しっかり形がキープできる本格的な印鑑を格安で注文するにはどんなサービスを利用すればいいのかわかりやすく解説しています。
印鑑作成は返品不可が基本
印鑑は作ってしまったら、もうその原材料は他には使えなくなるものです。それだけに、印鑑を一旦作成して届いてしまったら返品することは出来ないのかを解説しています。