用途に合わせたおすすめの印鑑作成

MENU

用途に合わせたおすすめの印鑑作成

用途に合わせたおすすめの印鑑作成

日本で社会生活を営む上で必要なものの一つが印鑑です。そもそもは印章と呼ばれるもので、文字やマークなどを彫刻して、責任や権限を示すためにインクなどで書類に印影を残すために使われます。ハンコとか印鑑とか呼ばれていますが、印章が正しい言葉です。

 

印鑑が古くからあるのは歴史の授業で習っているので知っている人がほとんどだと思います。日本以外でも中国や韓国で使用されています。最近では一般の人が利用しているのは日本だけで、中国や韓国は公用のものをのぞいて使われなくなっています。日本では生活に根付いているためまだまだ使われ続けることになります。

 

印鑑の目的は責任や権限を示すために使われるとなっています。具体的には、通知、告示、契約書や申込書、受領書、宣言書、陳述書、許可証などに書かれているないように権限のある人が責任を持つことを証明するために印影を残すことです。

 

だからその書かれている内容によって印影の重大さも変わってきます。後からでも陰影を確認して、本物であることを証明する必要があるような場合は、実印と呼ばれる印鑑を使用します。

 

大事な用途に使用する印鑑、実印

 

実印とは、市区町村や法務局に届出をして登録されている印鑑のことを言います。印鑑と所有者が法的な登録によって関連づけられています。必要な時に登録内容を証明書として発行してもらうことができます。それ以外の印鑑は全て認印と呼ばれます。

 

認印は荷物が届いた時や会員登録の時に押印するための印鑑や銀行など金融機関の申し込みなど使われる印鑑も含まれます。実印ではないにしろ、認印でも法的な効力は変わりません。使用目的は本人の責任を印影として示すことと言う意味で一緒です。

 

ただし、荷物の受け取りに押した印鑑を後で証明する必要性は低いため実印ではない印鑑が使われます。印鑑を利用する機会としては圧倒的に認印の方が多いはずです。特に一つにする必要はないのでいろいろな印鑑を使い分けても問題ありません。

 

特に金融機関に関連する書類に使われるものは他と用途に使われるものとは分けて印鑑作成されることがおすすめです。銀行の口座開設などに使われた認印は、その印影が保管されます。

 

口座にあるお金を引き出したい時に窓口で印鑑を求められた場合、その印鑑と保管してある印影が一致しない限り手続きをすることができません。つまりお金が引き出せなくなります。いくつもの認印を持っていてどれかわからなくなったり、使いすぎて欠けてしまったりした場合、引き出さなくなります。

 

だから金融機関に使用する印鑑は見分けやすく、他の認印よりも耐久性のあるものを選ぶ方が安心です。また三文判と呼ばれる大量生産品を使うと、よく似た偽物の印鑑で引き出すことができるおそれがあります。

 

印影で他とは違うことが明らかなものを使った方が、そのようなリスクを減らすことができます。おすすめとしては、14cm前後の少し大きめのものです。大きさだけで他と区別することができます。また、彫刻する書体も少しこだわった方が印影の見分けの時にわかりやすくなります。一度でも金融機関に使った印鑑は分けて保管しておくことで紛失防止になります。

 

実印は認印と比べると使用頻度はほとんどありません。個人で必要となるのは不動産関連の契約だと思います。あまり使わないから安くてもいいのではと言う考え方は危険です。印鑑はその人しか持っていないもので、その印影によって責任を示すことができます。

 

言い換えればパスワードと同じ扱いになります。脆弱なパスワードは簡単に破られてしまいます。安易にどこにでもあるような印鑑を実印としてしまうと誰にでもわかる組み合わせのパスワードを使うようなものです。

 

特に誰かに取られて欲しくない不動産の契約書は厳重に保護する必要があります。堅牢なパスワードは、複雑で容易に想像しにくいものです。印鑑で言えば、あまり見たことがない印影ということになります。もっとも最適なのはこの世に1つしかないと一目でわかる印影です。

 

そのためにも認印よりも大きいサイズがおすすめです。彫刻をする範囲が広ければそれなりにいろいろな情報を入れることができます。書体についても簡単に読めるものではなく、旧書体のような複雑なものが最適です。特に同姓同名が多い名前の方は、書体やサイズについてこだわりを持った方が安心です。

 

印鑑は日本古来から伝わる契約に使われる重要な文化です。欧米のサイン文化にはないセキュリティーの面でのメリットがたくさんあります。使用時に持っていなければならないと言うデメリットはありますが、それ自体も気軽に使うことができないと言うメリットです。

 

どのような印鑑も法的効力は変わりません。自分の責任を示すための印鑑は、自分の意思の分身でもあります。用途に合わせていくつか作ってみると混乱がなく安心です。自分だけのオリジナルの印鑑作成するこだわりがあると愛着が湧いて長く使えるでしょう。


関連ページ

印鑑作成の依頼から到着時間はどれぐらい
実際に印鑑作成を依頼して、そのサービスの便利さを味わってみよう!ここでは、印鑑作成の依頼から到着時間までのタイムラグはどれくらいあるのかを解説しています。
ネットで印鑑作成すれば安い
重要な契約に使われないような印鑑なら100円ショップだってかまわないけど、本当に重要な印鑑として作る本格的はものは意外に値段が張るものもあります。そんな印鑑を作る際にはおすすめなのがネットを利用した印鑑作成、そのおすすめポイントについて解説しています。
ネットで印鑑作成した時の送料
インターネットでの商品購入の際に、意外と高く感じやすいのが送料ですよね!小さくてかさばらない印鑑だけに、送料って馬鹿らしいっておもてしまいがちです。ここでは、インターネットで印鑑を注文したとき、送料の扱いはどうなるのかを解説しています。
印鑑作成を依頼して即日に発送して頂く
印鑑はふとしたとき、突然必要になる場合もあるので、依頼したら出来るだけ早く完成させてほしいものですよね。ここでは、依頼してその日に印鑑が届くサービスについて解説しています。
ネットで簡単にできる印鑑作成
最近のサービスはインターネットの活用で凄まじく便利にものが沢山ありますが、印鑑はどうでしょう?ここでは、ネットで簡単にできる印鑑作成サービスの現状について解説しています。
格安に印鑑作成を依頼する
大事な契約に使うような印鑑は、少し使ったくらいで陰影が変わっては困ります。しっかり形がキープできる本格的な印鑑を格安で注文するにはどんなサービスを利用すればいいのかわかりやすく解説しています。
印鑑作成は返品不可が基本
印鑑は作ってしまったら、もうその原材料は他には使えなくなるものです。それだけに、印鑑を一旦作成して届いてしまったら返品することは出来ないのかを解説しています。