印鑑作成は返品不可が基本

MENU

印鑑作成は返品不可が基本

印鑑作成は返品不可が基本

印鑑は、大切な書類を作成するときや、銀行で口座を作るとき、荷物を受け取るときや、書類の確認を行ったときなど、あらゆる場面で必要となるアイテムです。印鑑には、その書類に応じた種類あり、最も重要な印鑑は実印として、印鑑登録を行っておくことで、重要な契約時などにも使用できるものになります。

 

しかし、実印を作る際には注意が必要です。一度印鑑登録をしたり、重要な契約に使用した印鑑は、変更するためには再度手続きが必要となります。実印は一緒使い続けられるような、丈夫な素材を使用して作ることが大切です。

 

素材によっては、時間が経つにつれて劣化してしまい、細い部分が欠けてしまったり、変形してしまうなどのトラブルも起こります。重要な書類においては、欠けてしまっていたり変形してしまった印鑑は認めてもらえなかったり、以前の印鑑と同じものであっても、欠陥があると同一の印鑑と認めてもらえないということもあります。

 

丈夫な素材で作成するとなると、費用はある程度覚悟しておく必要があります。オーダーするショップや使用する素材によっても価格は様々ですが、1万円程度の物から、高級なものだと十万円以上するものもあります。

 

サイズもいくつかあり、入れる文字数によってはサイズに制限がある場合もあります。実印の印鑑作成をする場合には、複製を防止するためにもフルネームで真似しにくい印相体などの字体で作成することが大切です。

 

一般的に印鑑の作成には印鑑専門店にオーダーしたり、大型のホームセンターなどでオーダーします。店頭の窓口でのオーダーの場合、見本品が展示されているので、大きさや素材の特徴を実際に見て選ぶことが出来ます。しかし、オーダーをしてから到着まで時間がかかったり、仕上がりのイメージを事前に確認することが出来ないという弱点もあります。

 

便利になったインターネットでの印鑑作成サービス

 

最近注目されているのが、インターネット通販でのオーダーです。印鑑専門店がインターネット通販でオーダーを受け付けていることも多く、直接専門業者とオーダーについて話をすることが出来るので、こだわりの強い人には非常に心強い作成方法となります。

 

専門業者と直接やりとりが出来るので、細かい部分の指示出しも可能となるだけでなく、ショップによっては事前に仕上がりのイメージを画像で送信してくれることもあります。

 

陰影の確認を行うことができれば、特殊な文字を使った印鑑を作る際にも安心して任せることが出来ます。特に苗字が珍しい人や、旧漢字など特殊な文字を使っている場合には、事前に仕上がりの状態を確認できるようにしておいたほうが安心してオーダー出来きます。

 

印鑑作成は、完全にオーダー製品となるので基本的にどのショップであっても返品が不可能です。トラブルにならないようにするためにも、オーダー時には入れる文字の確認をきちんと行うだけでなく、事前に確認を取るようにしたほうが良いでしょう。

 

他にもショップによって、取り扱っている素材やサイズ、サービスの内容が異なるのでオーダー時にはしっかりと確認しておく必要があります。特に天然素材を使用して作成する場合には、柄の出方や色の見え方などに個体差があります。

 

見本で掲載されている画像と大きく異なるケースもあります。しかし、その分世界で1本だけの印鑑が作ることが出来るという魅力もあります。フルネームでの印鑑作成を行う場合には、文字数に注意が必要です。

 

印鑑のサイズによって、入れられる文字数が異なります。フルネームでの文字数が多い人は、文字数の上限を事前にチェックしておく必要があります。また、フルネームの場合、通常料金に追加費用が掛かるケースが多いので、細かい点の費用も確認をして、総額がいくらになるのかを調べておいたほうが良いでしょう。

 

文字数が多すぎてしまうと、文字が入りきらなかったり仕上がりが不自然になってしまうので注意が必要です。また、印鑑を守るためにも印鑑ケースも必要不可欠です。印鑑ケースもサイズに合わせて購入する必要がありますが、実印サイズのケースの場合2〜3千円前後の費用がかかります。

 

ショップによっては、印鑑とセットで販売していたり、プレゼントしてくれるものなので、きちんとお得なお知らせはチェックしておきましょう。送料についても、ショップごとに対応は異なります。ショップが負担してくれるものや、メール便などで安い送料で対応してくれるとこもあります。

 

ショップが負担してくれることが最もお得な購入方法ですが、メール便での配送の場合、まれに途中で荷物が紛失してしまったり、届くまでに時間がかかるというデメリットもあります。追跡機能が付いていないものの場合には、配送後の荷物の動きが分からないので、実印など高価な買い物をした場合には不安になってしまうでしょう。

 

高価な印鑑をオーダーした場合には、送料がかかってしまっても、追跡機能が付いているような安心できる配送方法を選択しましょう。

 


関連ページ

印鑑作成の依頼から到着時間はどれぐらい
実際に印鑑作成を依頼して、そのサービスの便利さを味わってみよう!ここでは、印鑑作成の依頼から到着時間までのタイムラグはどれくらいあるのかを解説しています。
ネットで印鑑作成すれば安い
重要な契約に使われないような印鑑なら100円ショップだってかまわないけど、本当に重要な印鑑として作る本格的はものは意外に値段が張るものもあります。そんな印鑑を作る際にはおすすめなのがネットを利用した印鑑作成、そのおすすめポイントについて解説しています。
ネットで印鑑作成した時の送料
インターネットでの商品購入の際に、意外と高く感じやすいのが送料ですよね!小さくてかさばらない印鑑だけに、送料って馬鹿らしいっておもてしまいがちです。ここでは、インターネットで印鑑を注文したとき、送料の扱いはどうなるのかを解説しています。
用途に合わせたおすすめの印鑑作成
印鑑もその使う場面によって、違うものを使われる場合が多いです。ここでは、様々な用途によって使い分ける印鑑作成のポイントについて解説しています。
印鑑作成を依頼して即日に発送して頂く
印鑑はふとしたとき、突然必要になる場合もあるので、依頼したら出来るだけ早く完成させてほしいものですよね。ここでは、依頼してその日に印鑑が届くサービスについて解説しています。
ネットで簡単にできる印鑑作成
最近のサービスはインターネットの活用で凄まじく便利にものが沢山ありますが、印鑑はどうでしょう?ここでは、ネットで簡単にできる印鑑作成サービスの現状について解説しています。
格安に印鑑作成を依頼する
大事な契約に使うような印鑑は、少し使ったくらいで陰影が変わっては困ります。しっかり形がキープできる本格的な印鑑を格安で注文するにはどんなサービスを利用すればいいのかわかりやすく解説しています。