ネットで簡単にできる印鑑作成

MENU

ネットで簡単にできる印鑑作成

ネットで簡単にできる印鑑作成

印鑑の分類はいくつかあります。もっとも重要な役割があるのが実印です。実印は住民登録をしている市区町村に印影の届出を行い、登録を行った印鑑のことを言います。登録された内容は、申請することで印鑑証明と呼ばれる証明書を発行してもらうことができます。

 

実印以外の印鑑は認印と呼ばれます。印鑑証明の添付が必要ない書類に使うことができます。認印は用途によって分類することができます。それが銀行印と呼ばれるものです。

 

銀行印は金融機関の口座開設や窓口での金銭の引き出しの時に必要となります。口座開設時に押印した印鑑でしか金銭の引き出しはできません。そのためどの印鑑を使ったか覚えておく必要があります。

 

普段荷物の受け取りなどに使っている認印を銀行印として使うといろいろなリスクがあります。劣化や破損が起こるリスクがあります。使う頻度が高ければ当然壊れる確率が高くなります。もし三文判と呼ばれるどこでも買えるような印鑑を認印として使っている場合、銀行印として併用すると他人に金銭の引き出しをするリスクが高くなります。

 

これでは何のために本人確認のために手段として印鑑を使っているのかわからなくなります。他の人が持っていないような特徴のある印影を銀行印に使うことがセキュリティー上で重要な要素です。

 

これが実印や銀行印に三文判と呼ばれるような量産されている印鑑を使わない方がいい理由です。三文判以外の印鑑を欲しい時には作ってもらうしかありません。印鑑作成は印鑑を取り扱っている店舗で注文するのが一般的です。

 

店舗に置いてあるいくつかの種類の素材や大きさから適当なものを選んで注文します。大きさにもよりますが、苗字だけの場合や姓名を刻んでもらうかを決めます。書体についてもいくつかの選択肢があります。

 

ネットで印鑑作成する際の注意点

 

同じくネットでの注文も可能です。実店舗との違いは、いつでも注文することができることです。日中仕事で実店舗に行くことが難しい人や取りに行くのが面倒な人には便利なサービスです。

 

普段何気なく生活していると印鑑作成ができる店舗を見かけることがありますが、いざ購入したいと思うとどこだかわからないことがあります。そんな時にネットで検索すると実店舗と一緒にWeb上で注文できるサービスがあることがわかります。

 

実店舗で購入するときも全ての素材が見られるわけではありません。画像を見ながら確認すれば問題ありません。大きさは印影の直径がわかればいいだけなので、実際に見る必要はありません。書体も注文の時に選択するだけなので実店舗で見られるわけではありません。このような理由からネットでの注文でも実店舗と変わらないサービスを受けることができます。

 

印鑑の材質とサイズなどについて

 

印鑑の材質として選べるのは薩摩本柘、楓、白檀などの木材や水牛などの動物の角や牙、チタンなどの金属や樹脂などがあります。金額や耐久性、デザインなどで適当なものを選択します。最近では新素材としてチタンが人気がります。耐久性はもちろんのこと耐食性、耐火性、耐水性があるため災害に強いことが人気の理由です。

 

材質を選ぶ時には併せてサイズも決めます。持ちやすさを考えると男性と女性で大きさは異なります。男性の場合、実印なら15mmから18mm、銀行印なら13.5mmから15mmが適当です。女性の場合、手の大きさが小さいため実印なら13.5mmから16.5mmmm、銀行印なら12mmから15mmが適当です。

 

選ぶサイズによって作成可能な文字数が変わってきます。15mmで3文字、16.5mm以上で3から4文字ぐらいになります。

 

素材とサイズが決まったら書体を選びます。実印として人気があるのが吉相体です。八方に広がるような流れを表す書体です。篆書体も人気があります。お札に印刷されている印影にも使われています。

 

書体として古くから使われていて、金印も同じものが使われています。印鑑位使われる書体は読みやすいものよりも特徴なるものの方が適しています。

 

決まった素材、サイズ、書体と名前などの情報を注文フォームに入力します。注文した印影の確認サービスを追加で申し込める場合もあるので、仕上がりが気になる場合は利用すると安心です。

 

デザインの確認は印影の図柄を画像ファイルなどで送ってもらいます。もし問題がある場合にはその時に修正の依頼をします。納得のいかない印鑑では使いたくなくなるので、しっかりと確認して細かい点でも指摘した方がいいでしょう。

 

注文後早い所では即日出荷が可能です。基本的には素材やサイズ、刻む文字の数などで変わってきます。急いでいる場合はその旨を伝えておく必要があります。ただしデザイン確認が必要な場合は、その分納期が遅くなることに注意しなければなりません。

 

印鑑作成は出来上がらない限り実物を見ることができません。実店舗であってもWebであっても仕上がりを考えながら選んで行くしかありません。いつでも注文ができるという点ではWebを利用した方が便利です。

 


関連ページ

印鑑作成の依頼から到着時間はどれぐらい
実際に印鑑作成を依頼して、そのサービスの便利さを味わってみよう!ここでは、印鑑作成の依頼から到着時間までのタイムラグはどれくらいあるのかを解説しています。
ネットで印鑑作成すれば安い
重要な契約に使われないような印鑑なら100円ショップだってかまわないけど、本当に重要な印鑑として作る本格的はものは意外に値段が張るものもあります。そんな印鑑を作る際にはおすすめなのがネットを利用した印鑑作成、そのおすすめポイントについて解説しています。
ネットで印鑑作成した時の送料
インターネットでの商品購入の際に、意外と高く感じやすいのが送料ですよね!小さくてかさばらない印鑑だけに、送料って馬鹿らしいっておもてしまいがちです。ここでは、インターネットで印鑑を注文したとき、送料の扱いはどうなるのかを解説しています。
用途に合わせたおすすめの印鑑作成
印鑑もその使う場面によって、違うものを使われる場合が多いです。ここでは、様々な用途によって使い分ける印鑑作成のポイントについて解説しています。
印鑑作成を依頼して即日に発送して頂く
印鑑はふとしたとき、突然必要になる場合もあるので、依頼したら出来るだけ早く完成させてほしいものですよね。ここでは、依頼してその日に印鑑が届くサービスについて解説しています。
格安に印鑑作成を依頼する
大事な契約に使うような印鑑は、少し使ったくらいで陰影が変わっては困ります。しっかり形がキープできる本格的な印鑑を格安で注文するにはどんなサービスを利用すればいいのかわかりやすく解説しています。
印鑑作成は返品不可が基本
印鑑は作ってしまったら、もうその原材料は他には使えなくなるものです。それだけに、印鑑を一旦作成して届いてしまったら返品することは出来ないのかを解説しています。