格安に印鑑作成を依頼する

MENU

格安に印鑑作成を依頼する

格安に印鑑作成を依頼する

実印と銀行印が同じ方が見えます。あまり印鑑を使いまわすのは良くないので、機会があれば印鑑を買い直す事をお勧めします。1つの印鑑の場合は窃盗などに会ったら全てを止めるまで時間が必要になりますし、その印鑑だけで被害額がすごい出るのでインターネットサイトで購入することも必要になります。

 

インターネットで印鑑作成する場合は発送まで2営業日が目処になります。早い場合は注文の即日に発送が完了することもあります。価格は実印、銀行印、認印の3本セットが最も売れてます。

 

これは一定額を超えると送料無料になるので、例えば実印と銀行印の2本セットで送料がかかるより、3本セットで送料無料の方が格安に印鑑を購入出来る事が多いです。インターネットの場合は直接、印鑑屋に発注するので従来のように代理店を通す必要がありません。この部分だけでも安くなります。

 

また多くの種類の材料を持っているので個人にあった印鑑が作れます。また格安販売できる理由はインターネットの発達で、苗字のバランスなどがすぐわかるので作業にかかりやすいのでその分だけ発送も早く出来ます。

 

パソコンが苗字等の彫るバランスを配慮してるので、人はしっかり機械に設置してるか彫った後に欠けてないか調べるぐらいになります。印鑑作成を依頼する場合、サイトにカタログと値段が記載されているので自分が欲しい印鑑の材料と書体を注文するだけになります。

 

安くても高級感ある材料もあります。なお購入する前に印影のサンプルを送って貰えるサービスを実施しているサイトもあります。そのサンプルを見て修正を依頼することも可能です。修正はパソコンで文字をずらす程度なので短時間で修正することは出来ますので納得されるまで修正依頼されても大丈夫です

 

依頼されたら、あとは発送と到着を待つだけになります。3本セットでも送料無料になる手前の価格設定になるので、そういう場合は朱肉などオプション品を購入することで送料無料まで持っていく手段もあります。

 

販売サイトにもよりますが、送料が540円に代引き手数料が324円は必要になります。クレジットカードやデビットカードでの支払いや指定のコンビニで支払えば代引き手数料は必要ないので、540円の負担なら大丈夫と思われる方は下手にオプション品を買う必要はありません。

 

また購入の際は保証期間を調べておくと便利です。最低でも1年の保証、最大で10年の保証をして貰えるサイトがあります。10年の保証があるのは一部の材料に限定される場合がありますし、また故意による事故で印鑑が欠けた場合も保証外となる場合があるのでサイトの注意書きを見ておく必要があります。

 

いろいろな特徴がある印鑑作成サービス

 

一部の店舗ではインターネットで注文の場合は店舗販売額の半額になっているお店もあります。また1本からでも送料無料のお店もあるので実印だけ欲しいなどの場合は、このお店も利用する方法もあります。

 

中には格安ながら彫る印鑑にこだわっているサイトもあります。この場合は注文から印鑑の発送まで多少の時間が必要の場合があります。一部のお店を除き、印鑑以外にも表札や名刺の印刷など受け持っている場合があります。

 

冬場にはカレンダーの印刷ができることもあるので、法人の方は印鑑以外にもページを覗くと安く商品が購入できる場合があります。代金の支払いに関してはamazonと提携しているサイトもあり、amazonに記載してある住所等を利用するので、購入時に住所をまた書く必要はなくなります。印鑑は男性用と女性用とあり大きさが異なるので購入時は注意が必要です。価格だけで判断しないで大きさにも目を通すことが大切です。

 

女性用は基本的に小さい印鑑になります。サイトによってキャンペーンを行っておりクオカードが初回注文時だけ付いてくる場合があります。なのでクオカードの分だけ印鑑を安く購入出来たことになりますし、それを使って次回の注文時の割引を受けることもできます。印鑑作成と言っても多種多様の販売形式があります。

 

基本的に発注から発送までは2営業日内で行っているのですが、その他のサービスで同業他社を引き離すようになっていますので、複数のサイトを見てみて検討することが大切になります。サイトによってこだわりが違ってますので自分にあったお店が見つかります。

 

印鑑以外の商品も多く扱っていることもありますので、その部分も判断材料になります。企業なら社員用のゴム印の他に名刺なども必要になるので、今までのように複数のサイトで注文するのでなく1つのサイトで注文が済む場合も出てきます。

 

印鑑は個人を示す物ですから用途にあった物を使い分ける必要があります。使いまわすと危険しかない事も多いですし緊急時の対応も遅くなるので、今一度見直しされることをお勧めします。少なからず実印と銀行印は違う印鑑にしておくと少しだけですが安全になります。印鑑も消耗品なので使いまわすと欠けることが多くなりますので注意が必要です。

 


関連ページ

印鑑作成の依頼から到着時間はどれぐらい
実際に印鑑作成を依頼して、そのサービスの便利さを味わってみよう!ここでは、印鑑作成の依頼から到着時間までのタイムラグはどれくらいあるのかを解説しています。
ネットで印鑑作成すれば安い
重要な契約に使われないような印鑑なら100円ショップだってかまわないけど、本当に重要な印鑑として作る本格的はものは意外に値段が張るものもあります。そんな印鑑を作る際にはおすすめなのがネットを利用した印鑑作成、そのおすすめポイントについて解説しています。
ネットで印鑑作成した時の送料
インターネットでの商品購入の際に、意外と高く感じやすいのが送料ですよね!小さくてかさばらない印鑑だけに、送料って馬鹿らしいっておもてしまいがちです。ここでは、インターネットで印鑑を注文したとき、送料の扱いはどうなるのかを解説しています。
用途に合わせたおすすめの印鑑作成
印鑑もその使う場面によって、違うものを使われる場合が多いです。ここでは、様々な用途によって使い分ける印鑑作成のポイントについて解説しています。
印鑑作成を依頼して即日に発送して頂く
印鑑はふとしたとき、突然必要になる場合もあるので、依頼したら出来るだけ早く完成させてほしいものですよね。ここでは、依頼してその日に印鑑が届くサービスについて解説しています。
ネットで簡単にできる印鑑作成
最近のサービスはインターネットの活用で凄まじく便利にものが沢山ありますが、印鑑はどうでしょう?ここでは、ネットで簡単にできる印鑑作成サービスの現状について解説しています。
印鑑作成は返品不可が基本
印鑑は作ってしまったら、もうその原材料は他には使えなくなるものです。それだけに、印鑑を一旦作成して届いてしまったら返品することは出来ないのかを解説しています。