ネットで印鑑作成すれば安い

MENU

ネットで印鑑作成すれば安い

ネットで印鑑作成すれば安い

印鑑を作るのは必要に迫られてからだと言う人が多いと思います。特に個人的なこだわりを持って作る人は少数派です。そのため費用は安い方がいいはずです。決められた予算から材料もサイズも選ぶことになります。

 

限られた予算からできる限り多くの条件を選ぶならネットが便利です。実店舗に行った場合でも、ネットで注文する場合でも取り扱いのある条件から選ぶだけです。もし素材の感触や重さなどを実感したい場合は実店舗に行った方が確実です。

 

素材によっても違いますが、重さや大きさは性別によっても好みが分かれます。女性の場合は、細身で軽いものの方が好まれます。男性の場合は、それなりの重量感のある印鑑の方が好まれます。ただし、大きさは文字数によっても決まってくるため三文字以上を彫刻する場合は大きなものしか選べません。

 

実際に印鑑を作成する際の手順

 

印鑑作成の手順は、まず素材の選択から始まります。実印や銀行印など長い間使う必要がある場合、耐久性が高い素材を選ぶ必要があります。最も安価なものでは樹脂成形品があります、

 

加工がしやすく配色もある程度自由にできるのが人気です、ただし耐久性が低いことが難点です。使用していると変形するおそれもあります。金融機関に使わない認印として利用するのに適しています。

 

動物の牙や角を利用したものもあります。天然素材のため効果なものが多いことと経年で劣化するおそれがあります。手入れを必要とするため、あまり使用頻度が高くないようであれば適さないかもしれません。入手が困難なものも多いことから希少性を好む人には向いているかもしれません。

 

柘植や楓などの木材を使用したものも風合いがあることや軽いことから人気があります。加工もしやすく値段も幅が広いため選びやすいという利点があります。ただし火事などが発生した場合に焼失する恐れがあります。

 

災害に強い素材と言えば金属です。最近話題のチタンは、金属とは思えないほど軽量です。女性でも気にならない重量です。硬度も高いので変形することはありません。耐食性が高く、耐熱性や耐水性には問題ありません。色が選べないと言う点がデメリットです。

 

いろいろな特徴はありますが、最終的には予算との兼ね合いから選ぶことになると思います。そんな時はネットの注文の方が同じ条件で安い価格で入手できることがあります。例えば印材の卸売り問屋が運営している場合、実店舗に卸す価格で素材を提供できるので、かなり低価格で提供していることがあります。

 

また、在庫を大量に仕入れて価格を抑えてる場合もあります。限られた在庫では実現することは困難です。同じ素材のものを安く手に入れたいのであれば、ネットの店舗を検討する必要があります。

 

素材が決まったら書体の選択です。書体はパソコンのようにどのようなものでもいいわけではありません。しっかりと線が認識できることが印影としての条件です。そのため古くから使われている書体がいくつかあります。それらの中から選択することになります。

 

印影の書体を選ぶ時に注意が必要なのは読みやすいものを選ぶのではなく、他にない特徴のあるものを選ぶと言うことです。印鑑は唯一無二のものが良しとされます。この世に同じものが2つあればどちらが本物かと言う疑問が生じます。印鑑でそのようなことが起これば、押印した書類の印影がどちらのものかわからなくなります。実際に完全に一致したものがあることはありません。ただし印影の確認は基本的に目視でおこなれます。

 

人の目で見た時に違いがわからないものは同一と思われるおそれがあります。だからできる限り特徴のある書体を選んだ方が安心です。

 

ネットで印鑑の仕上がりを確認するには

 

ネットでの注文で心配なのが仕上がりの確認です。今では注文の際にデザインの確認ができるサービスがあります。確認の結果、意見をすることも可能です。何度でも納得がいくまで修正が可能なところもあります。注文後デザインが出来次第画像ファイルが送られてきます。その画像ファイルを基に確認を行います。

 

留めやハネなどにこだわりを入れることで自分の印鑑だと判別しやすくなるかもしれません。実印や銀行印など特別なものについては吉相体が適していると言われています。末広がりのうようなデザインになることから名前のとおり縁起がいいとされています。

 

その他にも古来の金印にも使われた篆書体も風格がありよく使われています。注文の時にはネットでも実店舗でもサンプルでの確認しかできません。自分の名前だったらどうなるか想像しながら選ぶことになります。

 

印鑑作成を少しでも安い費用で抑えたいと考えるのであれば、ネットの方が有利です。送料がかかるデメリットはありますが、素材によってはその分の値引きをしているところもあります。一生涯使うものだから実店舗で相談しながら確実に進めていきたいと思うのもわかります。

 

どちらにしても納得できることが最も重要です。一度登録した印鑑を変えることは大変な労力を必要とするからです。


関連ページ

印鑑作成の依頼から到着時間はどれぐらい
実際に印鑑作成を依頼して、そのサービスの便利さを味わってみよう!ここでは、印鑑作成の依頼から到着時間までのタイムラグはどれくらいあるのかを解説しています。
ネットで印鑑作成した時の送料
インターネットでの商品購入の際に、意外と高く感じやすいのが送料ですよね!小さくてかさばらない印鑑だけに、送料って馬鹿らしいっておもてしまいがちです。ここでは、インターネットで印鑑を注文したとき、送料の扱いはどうなるのかを解説しています。
用途に合わせたおすすめの印鑑作成
印鑑もその使う場面によって、違うものを使われる場合が多いです。ここでは、様々な用途によって使い分ける印鑑作成のポイントについて解説しています。
印鑑作成を依頼して即日に発送して頂く
印鑑はふとしたとき、突然必要になる場合もあるので、依頼したら出来るだけ早く完成させてほしいものですよね。ここでは、依頼してその日に印鑑が届くサービスについて解説しています。
ネットで簡単にできる印鑑作成
最近のサービスはインターネットの活用で凄まじく便利にものが沢山ありますが、印鑑はどうでしょう?ここでは、ネットで簡単にできる印鑑作成サービスの現状について解説しています。
格安に印鑑作成を依頼する
大事な契約に使うような印鑑は、少し使ったくらいで陰影が変わっては困ります。しっかり形がキープできる本格的な印鑑を格安で注文するにはどんなサービスを利用すればいいのかわかりやすく解説しています。
印鑑作成は返品不可が基本
印鑑は作ってしまったら、もうその原材料は他には使えなくなるものです。それだけに、印鑑を一旦作成して届いてしまったら返品することは出来ないのかを解説しています。