ネットで印鑑作成した時の送料

MENU

ネットで印鑑作成した時の送料

ネットで印鑑作成した時の送料

最近はインターネットの発達によって、自分でお店に行くことなく印鑑を作成することが出来ます。インターネットで印鑑作成する場合は中間業者に支払う金額が必要ないので、その分を印鑑の材料費や価格に還元することが出来ます。

 

また、その分を送料に還元しているお店があります。印鑑は小さいですから540円ぐらいで送ってもらえます。多くのお店ではクレジットカードやコンビニで支払うと代引き料金の324円程度は必要ありません。また印鑑のセット購入した場合は無料で配送となる場合が多いです。

 

実印、銀行印、認印は揃えておいた方が良いので買うことがあれば3本セットか、実印と銀行印の2本セットをお勧めします。印鑑登録を学校で貰った印鑑とかで登録されている方がみえますが、その印鑑は多く流通しているので簡単に複製することが出来ます。自分のみの実印を用意しておけば偽造されることは減りますので、この機会に作られることをお勧めします。

 

インターネットではいろいろな種類の印鑑を用意しています。安くても高級感のある印鑑を作ることは出来ます。材料が良いと当たり前ながら長持ちするし、見栄えも良いので荒い使い方をしなければ欠けることがありません。

 

また印鑑にはオプションで10年保証を付けることが可能ですから欠けた場合も保証期間内なら再び印鑑を無料で削ることが可能です。オプション料も安いので入っておくと便利になります。お店によって印鑑作成を依頼すると削る前に完成後の印影をパソコンに送ってもらえるので、ご自身で微調整をすることが可能です。

 

印影が決まらない限り削る作業は入れませんので、お手元に届くのに時間が必要ですが世界に1本しかない印鑑が作れますから偽造されることは難しくなります。印影に手に加えたからと言って別途で料金が発生することはありません。ですが、材料によって少し削って冷まさないと材料が欠ける場合がありますので納期がずれる場合もありますので注意が必要です。

 

即日発送と言っているお店が多いですが、それは最短での発送になります。急ぎでない場合は注文までインターネットのカタログを見て、自分が希望の材料を見つけると良いです。

 

材料も豊富に用意されているので事情にあわせて作られても大丈夫です。また1本からでも送料が無料のお店があります。材料に関しては少々高めになっていますが、1本ずつ手彫りで対応しているのでお勧めになります。

 

1本ずつ手作りになるので即日発送は難しいですので、商品の到着まである程度の日数が必要です。手彫りの場合は書体のバランスに長けてないと不良品の納得いかない印鑑しか作れないので、手彫りのサイトの場合は参考写真の書体をカタログをよく見る必要があります。

 

印鑑の色々な注文の仕方と送料

 

印鑑を扱うお店の多くでは業務用のカレンダーなどの印刷している場合があります。必要な部数もありますが多くの場合は1年分が220円ぐらいから用意できますので、あわせて依頼すると良いです。

 

印鑑も業務用と個人用では見た目から違います。業務用と個人用と同時に依頼した場合は、ほぼ遅いほうに合わせて発送されています。

 

職場で使用する日付印と社員用のゴム印なども用意できますので、注文する場合はなるべくまとめて注文されるのがお得で配達が早い場合があります。こちらの場合も大量に注文するので送料は無料になる場合が多いです。

 

会社を起業した場合は特に印鑑類やシャチハタの企業用のハンコに名刺なども準備できるので印鑑作成を依頼するする際にあわせて注文しておくと便利です。なるべく早く依頼すれば会員印の素材も高いものが利用できます。

 

高級感ある印鑑を使用していると見た目も良くなることが多いです。名刺も同様に会社の理念に沿ったデザインを作成することが出来ます。あと郵便ポストや表札、プリンター用の替えインクも同時に注文できますので1つの会社で必要な品が全て揃ってくれるので手間が省けます。

 

多くの会社では旧字体での印鑑の製造も出来ますので、インターネットで問い合わせすれば製造可能か聞くことは必要になります。同じ苗字でも新字と旧字では見た目の印象が変わるので、この違いを使うのも方法になります。

 

個人の場合は印鑑でも男性用と女性用があります。男性用は半径が大きいのでサイズにお気をつけください。価格のサイトのカタログには男性用と女性用と記載があるので見落としには注意です。

 

印鑑自体にも使用する書体が違ってきますので、実印と銀行印この2種類と認印は基本的に書体が違います。書体にも意味があるので必要に応じて使い分ける事が大切になります。書体を間違えると印鑑としての意味がない場合もありますので、インターネットサイトで書体のことを詳しく説明されているお店があります。

 

必ずしもその書体しか使えない訳ではないですが1つの参考例として見ておくと損はないです。印鑑の作成にもいろいろありますが困ったらお店に相談されると良いです。

 


関連ページ

印鑑作成の依頼から到着時間はどれぐらい
実際に印鑑作成を依頼して、そのサービスの便利さを味わってみよう!ここでは、印鑑作成の依頼から到着時間までのタイムラグはどれくらいあるのかを解説しています。
ネットで印鑑作成すれば安い
重要な契約に使われないような印鑑なら100円ショップだってかまわないけど、本当に重要な印鑑として作る本格的はものは意外に値段が張るものもあります。そんな印鑑を作る際にはおすすめなのがネットを利用した印鑑作成、そのおすすめポイントについて解説しています。
用途に合わせたおすすめの印鑑作成
印鑑もその使う場面によって、違うものを使われる場合が多いです。ここでは、様々な用途によって使い分ける印鑑作成のポイントについて解説しています。
印鑑作成を依頼して即日に発送して頂く
印鑑はふとしたとき、突然必要になる場合もあるので、依頼したら出来るだけ早く完成させてほしいものですよね。ここでは、依頼してその日に印鑑が届くサービスについて解説しています。
ネットで簡単にできる印鑑作成
最近のサービスはインターネットの活用で凄まじく便利にものが沢山ありますが、印鑑はどうでしょう?ここでは、ネットで簡単にできる印鑑作成サービスの現状について解説しています。
格安に印鑑作成を依頼する
大事な契約に使うような印鑑は、少し使ったくらいで陰影が変わっては困ります。しっかり形がキープできる本格的な印鑑を格安で注文するにはどんなサービスを利用すればいいのかわかりやすく解説しています。
印鑑作成は返品不可が基本
印鑑は作ってしまったら、もうその原材料は他には使えなくなるものです。それだけに、印鑑を一旦作成して届いてしまったら返品することは出来ないのかを解説しています。