印鑑作成するなら、まず実印から作ってみましょう

MENU

印鑑作成するなら、まず実印から作ってみましょう

印鑑作成するなら、まず実印から作ってみましょう

印鑑を作ってみようと思うとき、まず何からはじめたらよいでしょうか。 作るとしたら銀行印、認め印など普段の生活でよく使いそうなものを思い浮かべるかも知れません。確かに使用頻度の高いものこそ、こだわりのある良いものを使いたい人はたくさんいらっしゃることでしょう。 けれども、印鑑作成するなら、お勧めしたいのは実印です。

 

実印とは、住民登録をしている市区町村の役所や役場に、戸籍上の姓名を彫刻した判子を登録し、受理された印鑑のことす。あまり普段は使わない印鑑ですが、実は最も重要なハンコであり、法律上、社会上の権利や義務の発生を伴う大切なものです。

 

そのため、他の銀行印や認め印とは別とし、個人で保管して家族での共用はできません。実際に使用する場合になったときも、捺印前に書類に目を通して理解してから判を押すなど、慎重に取り扱うことが求められます。

 

重要な印鑑、実印の用途について

 

主に使用する用途としては、下記のものが挙げられます。

  • 公正証書の作成
  • 借用書の作成
  • 契約書の作成
  • 不動産取引
  • 遺産相続
  • 法人の発起人となるとき
  • 自動車の購入
  • 保険金や保証金の受け取り

 

などです。この使用用途を並べただけでも、大切な印鑑だとわかります。

 

「確かに大切そうな印鑑だけど、めったに使わないし、わざわざ作る必要があるのですか」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。実のところ、三文判と呼ばれる出来合いの安価な判子でも、たとえ、100円均一で売られているハンコでも、役所でも登録さえクリアされれば問題なく公正証書などに使用することは可能なのです。

 

重要な書類に使うハンコは何を使うべきか?

 

けれども、考えてみてください。こうした判子は機械を使って量産されたもので、同じ印影のハンコがこの世に存在するということなのです。同じハンコがあるということは、成りすましをすることも可能です。このような印鑑を、契約や金融機関への届出印鑑として使うことは危険なことだということは、十分お分かりいただけることでしょう。

 

印鑑を作成するということは、唯一無二のハンコを作り出すことです。このような意味でも、重要な書類に捺印するハンコについては印鑑作成を頼むほうが理にかなっていると言えるでしょう。 では、実際に印鑑作成するときはハンコ屋さんにお願いするのは当然としても、気をつけるのはどのようなことでしょうか。

 

印鑑作成を依頼する時の注意点

 

まず、実印に刻印するのは、認め印のように姓だけを入れればよいですか。それとも、姓名両方でしょうか。

 

実際のところ姓、名前どちらでもかまいませんが、ほとんどの場合は、姓と名前両方が入った形で作成します。結婚などで姓が変わる予定がある為、名前だけで作るという方もいます。最近では、姓、または名前と一緒に好きなマークやイラストを入れて刻印することもできます。  

 

サイズとしては、8ミリから25ミリが役所に登録可能なサイズです。他の銀行印や認め印と区別しやすいように、それらの判子より大き目のサイズでつくります。男性用なら15ミリから21ミリ、女性用は13.5ミリから18ミリ位で作る場合が多いですが、特に男女で大きさの違いが取り決められているわけではありません。字画の多い名前の人などは大きめで作ったりします。

 

材質は、象牙、つげ、水牛や牛の角、琥珀や水晶、ラピスラズリやメノウ等がなどが昔からの素材として用いられています。王堂な素材として人気があるのは、象牙と水牛です。ただ、高額になるため、価格の面では比較的求めやすいつげを選ぶ方もいます。

 

また、最近ではチタンや合成樹脂も人気があります。チタンは耐久性があり落としても欠けず、水洗いができるため、朱肉の汚れなど簡単に掃除ができます。
合成樹脂は、耐久性に劣り欠けやすいものの、カラフルなカラーやかわいらしいデコレーションなどが施されているものが多く価格が手ごろなので選びやすい素材です。自分の好きな色やこだわりの印章にできるのも魅力的です。どの素材を選ぶにしても、耐久性や手入れのしやすさ、値段などを考慮して決めることができます。

 

風水を気にして作成する方もいるかもしれません。印鑑を自分の分身として感じていて、金運や仕事運への影響があると考える方です。こうした方は特に名前の彫り方や材質などにもこだわったり縁起を担いだりされるかもしれません。

 

こうしてみると、普段はあまり気にすることがなかったり、なんとなく使っている印鑑でも、いざ作成するとなると考えることや気になることがたくさんあって、ワクワクしてくるものではないでしょうか。

 

この機会に自分の手持ちの印鑑を見直し、必要なものを作成してみるのはいかがでしょうか。決して何十万もするような高額なものが良いというわけではありません。かといって、とりあえず安ければなんでもいいというわけでもありません。

 

印鑑にはそれぞれふさわしい用途と使命があります。印鑑ひとつでも、自分のこだわりや人間性をあらわすことができるのです。自分にとって必要な印鑑を適当な金額で作成するのは、自分がどのような人間かを見直すことにも関係してくるのです。

 


関連ページ

社内業務が楽になる印鑑作成アプリ選び
ビジネスが楽になる印鑑作成アプリってご存知ですか?ここでは、社内業務を円滑にするおすすめの印鑑作成アプリ選びのポイントを解説していきます。
独特な印影の印鑑作成が必要な理由
そもそもなぜ、他とはかぶらない形をした印鑑が必要なの?そんな基本的なことをしっておこう!印鑑の基本、独特な印影の印鑑作成が必要な理由についてわかりやすく解説しています。
印鑑に使用される素材について
ビジネスのいろんなシーンで必要となる印鑑ですが、この印鑑は形が代わってしまうと、業務が滞ってしまうこともアリえます。ここでは、意外と重要な知識、印鑑に使用される素材にはどんなものが使われているのかを解説していきます。