独特な印影の印鑑作成が必要な理由

MENU

独特な印影の印鑑作成が必要な理由

独特な印影の印鑑作成が必要な理由

社会に出るといろいろな場面で印鑑を使うようになります。このように印鑑を契約書などで使用するのは日本固有の文化です。韓国や中国も使用しますが、公用文書など限られた範囲だけです。

 

欧米ではサインが印鑑と同じように扱われています。サインも印鑑も書類上で誰が意思を示したかを明確にするためのものです。サインは印鑑とは違って場所や時間を選びません。また盗まれると言うことがないのも利点です。

 

日本でも署名か記名捺印を選べる場合があります。署名はサインのことです。それでも多くの場面で印鑑は本人の意思表示として利用されています。

 

サインが文化の欧米では、サイン証明書を使う制度があります。契約書などで本当に本人がサインしたものかどうかを判別するときに使われます。公的機関などに自分のサインを登録して、必要に応じて証明書を発行してもらいます。

 

サイン証明書と契約書上のサインを比較し、本人であることを確認します。毎回、同じサインをできるわけではないので書き方を含めて比較が行われます。日本人が行う署名もサインのことですが、このような登録制度はあまり普及していません。

 

その代わり、印鑑が文化の日本でも同じことが行われています。それが印鑑登録です。

 

印鑑登録制度について

 

印鑑登録は印鑑を押した印影を公的に登録することです。万が一契約などで紛争が起こったときに証明するために使います。この印鑑登録をしたものが実印と呼ばれます。

 

普段の生活で使うことはありませんが、不動産の賃貸契約や売買契約、借り入れなどの契約、仕事上の契約などで必要となります。

 

必要になったら印鑑作成をして納品されたらすぐに使うことができます。それではただの印鑑であって実印にはなりません。実印とは後日証明書によって印影の確認が取れるように登録した印鑑のことを言います。

 

実印の重要性について

 

どのような印鑑でも登録をすることはできます。でも、それは大変なリスクを負うような行為です。たとえば大量生産された印鑑を登録したとします。第三者がそのことを知って、似たような印鑑を購入し勝手に契約をします。

 

後日、そのことが判明して本人ではないことを主張したとします。印鑑証明を使って比較をした場合に、違う印鑑であることが証明できないかもしれません。その場合、本人が契約していないと言う証明が難しくなるおそれがあります。

 

印鑑が本物かどうかは印影の比較によって行われます。本人が持っている印鑑を紙に押したものと、印鑑証明と目視により細かく比較を行います。類似したものがある場合、目視確認が完全ではなくなり異なる印鑑だったとしても本物であると言う決断になるかもしれません。

 

だから実印は複雑でユニークなものを作る必要があります。形や大きさ、字体、向き、配置などできる限り個別化ができるような細工を行います。細工が独特であれば唯一無二のものに近づけることができます。

 

唯一無二であれば、その印鑑を使っているのが自分だけであることとその印鑑を押すのは自分の責任において意思を示していることを明確にすることができます。それが契約において実印を使用する本来の理由です。

 

大きさにも意味があります。本物かどうかを確認する時には押印された紙による比較になります。あまり小さいと比較をすることができなくなり意味をなさなくなります。

 

名前が独特ならそれが比較に使うことができるかもしれません。ただしそのような方はごく少数です。一般的には同姓の方はたくさんいます。そうすると差別化をするためには文字自体の形を工夫するしかありません。

 

印鑑の印影をどのように特異性を出すか

 

漢字のハネや留めを変えるような工夫です。その工夫が容易に比較できる大きさが必要になります。印鑑作成の際に金額的な理由から小さいものを選びがちです。

 

小さければ細工を施す範囲が限られます。多くの細工が施せるため大きい方が安心です。印鑑の大きさは例えていうなら、パスワードの長さのようなものです。セキュリティー的な考えからすれば、大きければ大きいほど堅牢なパスワードと言うことになります。

 

印鑑作成の時に注意すべき点は、できる限り唯一無二のデザインにすることはもちろんですが、他にも注意が必要です。それが素材です。いくらこの世に1つしかない印鑑を作っても、変形してしまっては違うものと思われてしまいます。なんども使っているうちに形が変わってしまっては意味がありません。

 

欠けたり、曲がったりしないことや環境に影響を受けないことも重要です。長い間使われているのは硬さのある木材です。その他水晶などの石材、チタンなどの金属があります。何気なく購入してしまう印鑑ですが、本来の意味は本人の意思表示です。

 

押印するたびに自分の意思を示した書類が作成されます。安易に何も考えずに購入すると後々のトラブルの原因になります。需要な書類に意思表示するためにはそれなりの印鑑が必要です。偽造防止のセキュリティーが高い印鑑を使っていることで安心することができます。

 


関連ページ

社内業務が楽になる印鑑作成アプリ選び
ビジネスが楽になる印鑑作成アプリってご存知ですか?ここでは、社内業務を円滑にするおすすめの印鑑作成アプリ選びのポイントを解説していきます。
印鑑作成するなら、まず実印から作ってみましょう
印鑑でも最も重要なのが、役所にも正式に届ける印鑑、実印です。まず、印鑑を作成するならここから、実印を作ることから始めていきましょう。
印鑑に使用される素材について
ビジネスのいろんなシーンで必要となる印鑑ですが、この印鑑は形が代わってしまうと、業務が滞ってしまうこともアリえます。ここでは、意外と重要な知識、印鑑に使用される素材にはどんなものが使われているのかを解説していきます。