印鑑に関する基礎知識

MENU

印鑑に関する基礎知識記事一覧

社内業務が楽になる印鑑作成アプリ選び

ビジネスの場面では、印鑑の捺印が必要な場合が多く、捺印を行う対象次第では、負担が高まることがあります。例えば、大量の書類に捺印をする時は、単純にその数が業務の支障になるケースが少なくありません。捺印を行う必要がある、でも作業の負担を軽くしたいのであれば、コストを削減するテクニックを活用することがポイントです。印鑑作成アプリは、書類作成ソフトや表計算ソフト上で使える、印鑑を作ることが出来るアイテムで...

独特な印影の印鑑作成が必要な理由

社会に出るといろいろな場面で印鑑を使うようになります。このように印鑑を契約書などで使用するのは日本固有の文化です。韓国や中国も使用しますが、公用文書など限られた範囲だけです。欧米ではサインが印鑑と同じように扱われています。サインも印鑑も書類上で誰が意思を示したかを明確にするためのものです。サインは印鑑とは違って場所や時間を選びません。また盗まれると言うことがないのも利点です。日本でも署名か記名捺印...

印鑑作成するなら、まず実印から作ってみましょう

印鑑を作ってみようと思うとき、まず何からはじめたらよいでしょうか。 作るとしたら銀行印、認め印など普段の生活でよく使いそうなものを思い浮かべるかも知れません。確かに使用頻度の高いものこそ、こだわりのある良いものを使いたい人はたくさんいらっしゃることでしょう。 けれども、印鑑作成するなら、お勧めしたいのは実印です。実印とは、住民登録をしている市区町村の役所や役場に、戸籍上の姓名を彫刻した判子を登録し...

印鑑に使用される素材について

金銭のやり取りから契約の了承時に、この他様々な場面に使用される印鑑は法的効力や身分証明など重要な役割を担ってます。実印や銀行印、認印を初めハンコと言えど多様な種類が現在では確立されそれぞれ違った働きを持ってます。最近では通信技術などの各産業の発展によって実際の店舗に向かわなくてもインターネットなどで目的に合わせた捺印を購入、注文ができるようにもなりました。そうした市場の中で目的の商品を閲覧すると金...